Wednesday, October 22, 2014

秋のきのこ調査

環境危機管理学科講師の糟谷大河(きのこ研究室)です。10月17日~20日に,研究室の学生と富山・石川・長野にモグラときのこの調査に出かけました。

17日は富山市有峰のブナ林で,モグラの巣の発掘調査をしました。学生が,モグラのトイレに特異的に発生するナガエノスギタケというきのこの生態を研究しており,その調査の一環です。つるはしや剪定ばさみなどを使って,慎重に土を掘り,根を切って作業します。



作業を始めてから2時間ほどたったころ,地中20cmほどのところから,小ぶりのモグラの巣が見つかりました。観察用に巣を採集し,持ち帰ります。


夜は岐阜県の飛騨高山に泊まり,山で採集したムキタケと飛騨牛のすき焼きを味わいました。


18日は石川県へ移動し,小松市でモグラの坑道の調査をしました。


その後,19日は能登半島できのこ調査をし,20日は長野県小谷村の雨飾山周辺に行きました。雨飾山はブナの黄葉が見事でした。

 
晩秋のブナ林の景色に感動しつつ,なめこを大量に採集し,銚子に戻りました。



 環境危機管理学科では全国でも珍しい,きのこの多様性や生態に関する研究室があります。きのこや森林の生物に興味のある皆さん,お待ちしています!

No comments:

Post a Comment